ダックスについて

さて、ダックスと一言で言っても、下記のようにさまざまなダックスがいます。 ダックスを初めてお買い求めの方は、下記のミニ知識を頭に入れて、お気に入りのワンちゃんを探しましょう!

特徴 ダックスフンドといえば、何と言っても胴長短足のあの体系が一般にもよく知られています。もともとは、ドイツ原産の狩猟犬でアナグマを狩猟するための犬でした。胴長で足が短く、その上筋肉質なこの体系は穴にもぐるアナグマを追うのに適した体系だったそうです。
性格 もともとが狩猟犬であったように、とても辛抱強く、忠誠心も強いです。活発で好奇心も旺盛な彼らは、実に表情豊かです。甘えん坊な一面もあり、見ていても大変可愛らしく、一緒にいる私達を楽しませてくれます。
サイズ 一般的に良く知られているのが、ミニチュアダックス。
それより小さいのが、今注目のカニンヘンダックスです。
(下記は生後15ヶ月以降に計測の場合)
【スタンダード】
胸囲35cmを越える、
体重9〜12kgが理想
【ミニチュア】
胸囲35cm、
体重4.5〜4.8kgが理想
【カニンヘン】
胸囲30cm以下、
体重3.2〜3.5kgが理想
毛質 スムース・ヘアード
(短毛種)
ワイアー・ヘアード
(剛毛種)
ロング・ヘアード
(長毛種)
毛色 毛色は、その組み合わせによって無限にあると言って良いです。下記が主なものです。
★単色
・レッド・・・薄めのレッドから濃い目のレッドまで、さまざまあります。
・クリーム・・・白っぽいピュアクリームから濃い目のクリーム色まで、さまざまありますが、やさしい毛色です。
・ゴールド・・・レッドとクリームの間の毛色で、ゴールドと言われるように、ピカピカした感じのすごくきれいな色です。
・シェーデッド〜〜・・・黒っぽい差し毛が入った感じの色。差し毛がずっと残る子と、差し毛がほとんどとれて無くなる子といます。
             例:シェーデッドクリーム、シェーデッドレッドなど
★2色
・ブラック&タン・・・主な色は黒で、茶色の斑〈brand〉が、目の上、鼻口部及び下唇の側面、耳朶の縁の内側、前胸部、脚の内側及び後部、足の上、肛門の周り、そこから尾の下側の3分の1又は半分に見られるもの。
・ブラック&クリーム・・・主な色は黒で、クリームの斑。
・チョコレート&タン・・・主な色はチョコレートで、茶色の斑。 ★その他
・ダップル・・・暗い色のベースに、不規則な明るい色の斑模様が散らばるもの。  
             例:シルバーダップルなど
・ブリンドル・・・濃い色の縞模様が見られるもの。
             例:レッドブリンドル、ゴールドブリンドル